読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予防接種*3ヵ月

妊娠・出産・育児

次男が生後2ヶ月になり予防接種開始。ヒブ、ロタ、小児肺炎球菌、B型肝炎

 

1ヶ月が経ち、生後3ヶ月になり、ヒブ、ロタ、小児肺炎球菌、B型肝炎の各2回目と、四種混合の1回目。

 

長男の時はこんな小さい体で顔真っ赤にして泣いて可哀想に…痛いよね、と辛かったが次男は二人目なのでこちらもまあ頑張れ。君のためだ。とだいぶドライに。

 

ロタは接種後少し機嫌悪くなるので夜寝かすのに苦労する。生ワクチンだし、副反応として稀に腸重積になることもあるようだから、機嫌の善し悪しや体調の変化がないかこちらも気を使う。ただのゲップかな?お腹苦しいのかな?と逐一緊張するのって疲れる。自分が心配症なだけだけど。

 

子供の変化に気づけるのって母親の本能みたいなもののような気がするし。

 

しかし小児科は戦争だ。ネット予約できるから順番待ちしなくて楽チン、という訳でもない。ネット予約は開始わずか30秒で診察定員オーバーで予約打ち切り。窓口も診察開始時間前にみんな並んで、ネットで取れなかった順番とって、午前の診察時間が始まる前に窓口受付も打ち切り。

 

小児科難民になっちゃうよ。

 

予防接種で行ってる小児科は、予防接種や検診ができて、授乳室やオムツ替え台もある、もちろん待合室にはおもちゃと絵本が完備。乳児にもバッチリ対応。駅チカ。そりゃ混むわ。

 

近所の別の小児科は内科や皮膚科も併設だし別路線の駅チカだけど、具合の悪そうなサラリーマンやお年寄りがいる。子供は乳幼児より小学生が多い。待合室で乳幼児の親は肩身が狭くなる。待合室は体調の優れない方もいらっしゃるのでお静かに、と張り紙されてしまってはなおさら。こっちはネット予約もガチ混みではないし窓口も締め切られることもそんなにないから、急に熱が出たとかはこっちを受けてる。

 

本当はかかりつけ病院はまとめたいけど、激混みする小児科は予防接種だけで充分。乳幼児期の予防接種スケジュールが終わったら激混み小児科とはおさらばだ!

 

そして診察したらとりあえず保湿剤やら何やら毎回処方箋出すのはやめて欲しい!長男のがまだありますと言っても「ご家族で使えますから大きいの出しておきますよ」とゴリ押し。もちろん、「まだ全然あるので必要ありません」「必要になったらお願いしますので」とお断り。なんで同じ保湿剤を3つも4つも家に置いとかなきゃならんのだ。

子供と読んだ絵本

妊娠・出産・育児 絵本

せっけんマン (PHPにこにこえほん)

せっけんマン

つるつるっと飛び出したせっけんマンの冒険

3歳〜向け

 

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん (赤ちゃん絵本)

がたんごとんがたんごとんざぶんざぶん

大人気がたんごとんがたんごとんのざぶんざぶん編

電車好きの子にも女の子にも人気の絵本

0〜3歳向け

 

のっていこう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

のっていこう

おとうさんとお出かけ。きょうはみっつの乗り物にのるんだって。乗り物好き男子にピッタリな絵本

2~3歳向け

 

※あくまで主観的な感想です

 

 

子供と読んだ絵本

妊娠・出産・育児 絵本

ばけばけばけばけばけたくん おまつりの巻

ばけばけばけばけ ばけたくん

おまつりの巻

 

おばけのばけたくんがおまつりやたいで、つまみぐい。ばけたくんがたべたものにばけちゃう!やきそばになったりたこやきになったり!?大人が読んでも楽しい絵本。私はこういうの大好きです。

1~3歳くらい向け。

 

 

みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)

みんなうんち

 

ぼくもどうぶつもたべるからうんちがでる。トイレトレーニング中の長男に読んだ絵本。わりと淡々とした読み物。五味太郎の本は割と好きだけど少し難しい。

トイレトレーニング中の子、幼稚園児向け。

 

かん かん かん (0.1.2えほん)

かんかんかん

 

電車好きの長男にウケた絵本。もう一回読んで!ととにかく言われた。動物さんがでてきて楽しい。

1歳前の子も楽しめる。

 

※あくまで主観的な感想です

 

長男の風邪、治る。母と次男、うつされる。

妊娠・出産・育児

1週間が経ち、長男の風邪は治りました。まだ咳き込みますが。

 

私は鼻水鼻づまり喉の痛みがまだ治りません。熱はないけど。次男も熱はないけど私と症状が同じで、ゴホゴホズビズビかわいそうです。まだ3ヶ月なのにね…しょうがないね…

 

プレ幼稚園も残すところ数回になりました。母ちゃんは入園準備の袋物作りに追われております。お弁当袋にコップ袋、体操着入れに上履き入れ、体操着の名前つけ、おいも掘り袋!あ〜風邪ひいてる場合じゃない!今月中に作らねば!!

 

クライ・ムキ バッグ作りの超基本―この一冊があれば安心!長く使える決定版 (主婦の友生活シリーズ)

いちばんよくわかる かんたんかわいい通園通学グッズ

 

咳と高熱5日間*3歳の息子

妊娠・出産・育児

長男、土曜日の咳から始まって38度の高熱が上がったり下がったり、5日間続きました。いやー長かった。インフルエンザは二回検査したけど陰性。5日たっても39度、こりゃまた病院だなーと思っていたら今日は平熱。本人もけろり。咳はまだあるし体力も落ちてるみたいで昼寝長かったけど、やっと治ったかー。

 

夜間救急に行ったり、私にも軽くうつっちゃって喉は痛いし頭痛はするし鼻水は出るし。いや息子よりは軽いぞ大人なんだから弱音は吐かないぞとゴホゴホしながら長男の看病、合間に家事、次男に授乳。いやー1週間あっちゅーまだった。辛かったー!おかゆおかゆうどんうどんで少し痩せた気もする。

 

これから増えていくんだろうな。おたふくになったりインフルになったり。自分の子供の頃を振り返っても、家族みんなでインフルエンザになったりしたもんな。子供の頃高熱を出すと布団が大きく思えたり巻かれそうで怖かったりしたなぁ。男の子だから怪我もあるのかな。親って地味に大変な思いしてるんだなー。

 

自分がひととおり経験してきたことを息子達がこれから経験していくのを見ていくんだな、と思うとしみじみ。自分は親になったのだなぁと思います。

 

3歳息子、初めての40度。親としてまだたったの3年目、親としても初めての経験。小さな体を熱くして闘っている姿を見て、変わってあげたいとも思うけど、がんばれ。まけるな。とも思う。母ちゃんは君のがんばりを見ているぞ。

日曜の夜に子供が40.2℃の熱!夜間救急へ

妊娠・出産・育児

息子(3歳)が朝からケホケホしていて、夕方に37.5℃の熱がありました。

翌朝には38.2℃に。日曜日で病院はお休み。風邪薬のんで様子見、昼は37度前半まで落ち着いて一安心。

 

と思ったら夜になって40.2℃!咳も止まらず、さらに手足が震え出しました。悪寒がするようです。

 

メモの準備をして#7119に電話。

年齢、症状を伝えると一応診療を受けた方がいいとのことで、近隣の夜間救急小児科を3つリストアップしてくれました。

 

丁寧に必要な持ち物、手順などを教えていただけました。

母子手帳、乳幼児医療証、保険証、お薬手帳。吐いた場合に必要になるであろう着替えとビニール。

 

夜間救急は重症患者が優先されるため、かならず病院に電話してから向かってくださいと言われました。

 

さいわい、インフルの結果は陰性。風邪でしょうとのことでお薬をもらって帰りました。

 

いやー焦ったり緊張したりするけども、1番不安なのは子供だろうし、大丈夫だよーお熱高いから診てもらおうねーと子供の背中を撫でました。ああ、自分は母親なんだなと思いました。

 

0歳の下の子を置いて行くわけにもいかないので、連れて行きました。ずっと寝ててくれたので楽でした…荷物は多かったけど。

母乳と貧血

妊娠・出産・育児

授乳をしていると、カルシウム不足になったり貧血になったり、体に変化が現れる。

もともと妊娠中も脳貧血をよく起こしていたので、体質もあるかもしれない。

 

日々飲むfeヨーグルトを飲んで、貧血予防している。プルーン味の割にはえぐみが全然なくて、飲みやすい。おいしい。

 ↓コンビニやスーパーで買っている

 

 

あと、焼肉食べたい。

夫に頼んでみよう。

ヽ( ゚ 3゚)ノ連れてって!