切迫早産 入院日誌*33週5日

h28.11.11

33w5d

 

やっとここまで来た…!

妊娠7ヶ月のとき切迫早産と言われ自宅安静とウテメリン服用を開始してから、のちのち入院になり点滴24時間の安静状態から、やっとひとつの区切り、34週目前に迫る…!

34週は赤ちゃんがほとんどの機能ができあがる区切りだ。ここを越えれば一安心も一安心。

退院に向け、目指せ36週。

 

血圧、心音問題なし。

午後、診察の結果、子宮頸管は1.8cm。張りでグッと短くなる様子もなく、外側の子宮口は閉じてるとのこと。

歩いて大丈夫なので部屋引越ししましょう!と言われました。

そのあと引越し先の病室を決めるために部屋を見て回ることに。

トイレ付の個室、4人部屋、6人部屋。

トイレの位置、シャワーの位置、面会するデイルームの位置。見て回ったあと、なんとナースステーションにもどると「今決めて今引越しして」と言われる…え?じっくり考えられないの?

なんでも産科病棟の部屋が満床で、お産の人が部屋待ちしてるそうで。

仕方ないけど急すぎだがな!

 

診察&部屋見学でお腹張り張りの中、個室に戻り荷物をまとめあわてて病室移動に。

 

15日間お世話になったリッチなトイレシャワーなし付個室にさよなら!

 

安い大部屋にしようと思ったのだけれど、ストレスでお腹を壊しやすい体質のため、トイレが近くにないと不安。

 

結局、トイレ付個室にしました。

 

金銭面での負担は大部屋に比べればあるけれど、妊娠出産なんて人生でそう何度もないし、我慢するのはやめよう、あと2週間なのだからストレスなく最後まで頑張れるように快適な方にしよう、と思いました。

 

前回の出産のとき、産後の大部屋で空調調節できず寒くてお腹壊しまくった思い出もあり…(^_^;)

個室だと空調好きに調節できるからね。

 

妊婦で点滴引きずってお腹痛いーってトイレ駆け込むのがどれだけ大変かっていうね。

 

もし経過が良くて早めに退院できるようなら早めの退院を交渉してみようかな。

 

ドタバタの引越しで疲れた1日でした。

病院側は「急かしてすみません。お部屋はどうですか?何かあったらすぐナースコール下さいね」と低姿勢だったけど、そりゃそうだよね。切迫早産の人急かして早産になったらさすがに患者怒るよ!

 

お産の部屋待ちは仕方ない、自分だってそうなる可能性あるからそこには怒ってないけど、身体にはやっぱり、負担だったみたい。バタバタ動けばそりゃ張り増えるよねー。安静安静。