切迫早産 入院日誌*34週4日

h28.11.17

34w4d

 

血圧、心音問題なし

定期NSTの日。

別記事に書いたが、13分おきに90を超える強い張りがあり、張りの時間も1〜2分と長く、点滴が2A 25ml/h→28ml/hにあげられた。

 

間隔が短くなってしまったら、陣痛になりかねない。

 

さいわい、点滴をあげたのがきき、15分、20分と遠のいて、その後強い張りは来なくなった。半分くらいの強さの、いつもの張りはたまにきてたが。

 

点滴をあげる前のいつもの感じにもどった。

 

なかなか焦った。

たしかに、上の子を出産した時の陣痛の最初の方に似た張りだった。

週二回のNSTの日だったから、ちょうどNSTモニターをつけていた。そうでなければ、気づくのに遅れ、ナースコールをした時点で陣痛になってたかもしれない。

すぐ点滴をあげる処置ができて良かったと思う。

 

夜、張りやすくなるので、注意が必要だ。陣痛に近しい張りは、すごく疲れる。点滴をあげて張りが遠のいたあと、ぐったりと寝てしまった。副作用でのぼせ、動機、ふるえも強まってた。じきに慣れたけど、アイスノン枕が手放せないし動機のバクバクがたまにつらい。

 

今日はシャワーも身体拭きも無理だった。明日、落ち着いてたらシャワー浴びたい。せめてタオルで体を拭きたい。

 

やっと35週が見えてきたところで、まさかまた点滴があがると思ってなかった。明日の診察で、退院までの予定を聞こうと思った矢先だった。

切迫早産は、やはり早産が差し迫った状態なんだと再自覚した。点滴を24時間つけて安静にしていても、陣痛がきてしまうときは来てしまうのだろう。

 

点滴がきかなかったら、あのまま産むことになってたかもしれない。そう思うような痛みのある張りだった。破水もしなくて良かった。

 

明日の診察で子宮口や子宮頸管に影響が出てないか、心配だ。

 

とりあえず、35週に入りたい。

明日、34w5d。

明後日、34w6d。

明々後日、35w0d。

あと3日。

指折り数えるのもつらい。

 

35週に入ったら、36週になりたいと思うのだろう。もうとにかく、1日でも長く、あとちょっとなのだから、もう少し頑張れ、お腹の子と私。