切迫早産 入院日誌*35週0日*流産したときのこと。

h28.11.20

35w0d

 

血圧、心音問題なし

 

やっと35wになることができた。

点滴を2A 28ml/hにあげてから、ほてりと動悸が強くなった。

昨夜は吐き気もした。ほてって、バクバクして、気持ち悪かった。

 

24時間点滴してて、血管が疲れてきてるらしい。点滴の差し替えも、3回失敗、4回目でようやく刺さった。

 

細くて、見えなくて、蛇行してて、弾力があって刺さりにくい血管。

刺しても、2〜3日でズキズキして、(血管痛というらしい)漏れてなくても差し替えたり、もてば、4〜5日はもつ。

 

でも、それもあと1週間ちょい。

36週半ばになったら点滴を減量して、36w6dに家に帰る。37w0dは家で迎える。夫と相談して、もし36w5dや36w6dにお産が始まっても、そのまま産もうということになった。

 

私も夫も、36週までいければ、よく頑張ったと思う。あと1週間。長い長い妊娠生活も、終わりが来る。幸せな終わりにしたい。出産は始まり。新しい人生のスタート。頑張ってここまでこぎつけたんだもの、もうちょっとだ、頑張ろう。

 

実は、去年も同じ頃に妊娠してた。

胎嚢も心拍も確認して、つわりも始まった頃、やったねなんて言ってた矢先に、検診に行ったら、心拍は途絶えてた。

7週くらいでの、稽留流産

赤ちゃんを出す手術をした。

 

全身麻酔はあっという間で、なにもわからない内に終わってた。麻酔が抜け切るのに時間がかかって、血圧がずっと低くて、手術おわってから何時間も病院のベッドで吐き気がしてた。なんとかタクシー呼んで、フラフラなのを夫に支えられて帰った。

あの時、ずいぶん泣いた。ぐしゃぐしゃだった。自分は若くて健康で、ちゃんと産めると思ってた。夫も私も三人きょうだいで育ってきたから、子供は三人欲しいねっていってた。

 

あれから一年してまた授かった命。

切迫になってもやっとここまできた。なんとか無事に産んであげたい。

夫を二児の父にしてあげるんだ。

夫と結婚して私は幸せになった。毎日幸せだ。だから夫も幸せにしてあげるんだ。幸せでお腹いっぱいにしてあげるんだ。これからも苦楽を共にしていくパートナーだから。夫の子供を産めることを誇りに思う。

 

あとちょっと、その日まで、一緒に頑張ろうぞ、お腹の子。